Main BACK >>
恵比寿のイタリアン「ダルマット」

昨日、学生時代の友人と恵比寿のダルマットで会いました。
フルメンバーだと4人なのですが、残念ながら1人は家族での軽井沢滞在時期と重なり、3人で食事をしました。

実はダルマット、昔一度だけ友人に誘われて食事をしたことがあり、美味しいのだけれど、重くて量が多すぎるかな、、、という印象を持っていたのですが、今年、別の友人が「ダルマットっていうお店に行ったのだけれど、すごく美味しかった。今度行こうよ」と声をかけてくれたことで思い出しました。
その一言で、早速お店のホームページと食べログを検索し、お料理の写真や口コミをチェック。
7~8年位前の話しなので、記憶も飛んでますが、写真を見ていると、メインのお肉までの一品一品が、やや変わったように感じました。以前よりも、繊細で軽めのポーションになったような...?

夏というシーズンもあるのでしょうが、実際に食べた感じも以前よりも軽めで最後のデザートも美味しく完食。

アミューズ:ピンクのお芋のソースと生ハムと背あぶら?
冷たくて、食べると溶けるような感じの一品目。
暑い日が続いているので、冷たくて軽いお料理っていい。


「桃の冷製パスタ」
トマトを絡めてミントが降ってあります


さっぱりしていて、ミントの風味がアクセントがあってとても美味しかったです。
記憶に残る一品


白身魚のカルパッチョ風と川エビの頭をカリカリに焼いたもの


イワシのグリル


鴨肉のロースト
これはちょっと胃にこたえました。もう少しボリュームが少ないと良いのですが。
次回お店に行く時には、お肉は少なめにというリクエストをしようと思いました。


サービスで出して貰ったパスタ


ティラミス
デザートを食べる時は、場所を地下から1階に移動。


コーヒー
久しぶりに会うので、色々と積もる話しもある。
そういう時は、場所は変えてゆっくり過ごせる配慮があるのはいい。


友人は2人とも、娘が一人いて、1人は高校生、もう一人は小学校4年生。

高校生の娘を持つ友人は、親子ともども韓流ファン(娘はミュージシャン、友人は俳優かな)。
先週はソウルに家族旅行して、親子3人、いやパパ以外は盛り上がったそうです。
娘はハングルが読めるので、レストランやカフェでもメニューもスラスラ読み、父と母が頼まないような“スペシャルメニュー”を、1人だけちゃっかりオーダー。
また彼女は、韓国女性の容貌よりも、足の長さ、細さなどスタイルの良さを、しっかりチェックしていたそうです。
「だって顔なんて、お化粧しだいでどうにでもなるでしょ」とのこと。確かに少女時代とか見てたら、韓国女性のスタイルってすごくいいな~と思いますよね。

小学校4年生の娘を持つもう一人の高齢出産した友人は、朝から毎日、あれせいこれせいと叱りつけているそう。
娘は、普通の女の子とは興味の対象がまったく違うようで、恐竜とか理科とか、ゲームに夢中。
恐竜が展示している博物館なんてお目目がハートになる位、大好きだそうです。
どうも理系の脳みそのようです。
3人一同、「一体、誰に似たのかしらね~」と声をそろえてしまった。
それゆえなのか、友人の娘は、おしゃれにはまったく興味がなく、放っておくと、歯も磨かず、顔も洗わずにいるそう。自分を身ぎれいにすることにはまったく関心がない。(そういえば私の姉もそういうタイプ。姉は理系ではないけれど。)
仕方ないので、働くママの友人は忙しい朝も、娘が朝寝汗をかいていたら、洗面所へ連れて行き、チャッチャト娘の髪の毛を洗い、早くしなさい、あれやりなさいと、いやがおうにもテンションがあがるそうです。

子供がいると、こういう点、面白いですねぇ。
デザートを食べながら、久しぶりの話しは尽きない感じでした。
次回は、参加出来なかった友人も入れて、企画。



レストラン、ショップ : 16:47 : comments (x) : trackback (x)
世界一のピザ職人がつくるピッツァから再婚話しまで

昨晩、“すっごく美味しいからふみちゃんも行かない?”と誘われていた、中目黒に今年2月にオープンしたナポリピッツァのお店でピッツァを食べてきました。

ピッツェリア・エ・トラットリア・ダ・イーサ

世界一に選ばれたピザ職人の山本さんが焼くというピッツァ。

メニューに書かれた子供の顔は、山本さんがナポリで修業した師匠のお孫さんだそう。


お店、沢山の人でごった返していて、ものすごく混んでました。
正直、席も狭くて居心地が悪い。

狭くて嫌だなぁ、、、と思いつつ、メニューを開くと、かなり興味をそそられるマルゲリータを中心としたピッツァのメニューがずらり。
そして、ピッツァ以外のメニューにも興味をそそられる。
レモンの生クリームパスタ!
イタリアに旅行したかのような気分になる。

「レモンと生クリームのパスタ」


レモンのさわやかな香りと微妙な酸味がクリームに絡み合ってかなり美味しいハート
おかわりしたくなりました。

「マルゲリータ D.O.C」水牛のモッツァレラ


柔らかく溶けた水牛モッツァレラのミルクの香り、薄いけれどモチモチ感があって噛めば噛むほど粉と塩の風味が出る生地、酸味がきいて甘みもあるトマト

山本さん、天才です。
世界一になるのもうなづけます。
感動しながらキッチンをふり返ると、もくもくと窯の横でピッツァを焼いています。
職人な姿がいいなぁ、ファンになるかも。


「クワトロフォルマッジ」


友人が“クワトロフォルマッジ”を食べたいといったとき、ちょっと重たいかな、、と思ったけれど、
まったくそんなことはなく、うそみたいにかる~く食べちゃいました。
使っているチーズは、モッツァレラ、ゴルゴンゾーラ、タレッジョ、、、、、あとひとつのチーズが思い出せない。
いずれにしても、本当に味のバランスがいい。

これも頼んで正解の一品でした。

このお店、どの素材もきっといいものを使っているのだろうと思います。
野菜も鮮度が良かったし、食後の胃がこんなに楽なのだから、胃弱の私にはオイルもいいものなんだろうと分かります。

こんな美味しいものを食べていると、女3人、エネルギーも上がるので話しも当然盛り上がります。

大体、女性同士の場合、会うと最初は一瞬のうちに相手の全身にパパパと目をやりチェック。
相手が何か新しいものを身につけていたりすると、“それどこで買ったの?似あう!いい!”なんて言葉から挨拶が始ったりします。

友人の場合、付き合いが長いので、いいことも悪いことも含めて極めて率直に言い合ったりします。

先日はアイメイクのことで、友人からこんなフィードバックを貰いました。
一緒にお昼を食べた後に、チラリと横目で私を眺めたYは、
“ふみちゃん、ちょっといい?”
“ん、何?”
“この前から言おうと思ってたんだけど、その瞼の上の偏光パール、やめた方がいいよ”
“えっ!なんで?”(絶対に気づくような変化ではないはずと思っていただけに、その観察眼に内心ギクリ)
“なんていうか、キラキラしすぎていて、80年代風というか、小柳ルミコ風”
“.......”がーん

数週間前から、ちょっとだけ変えたんですよ、アイシャドー使ってないから、意味もなくちょっと色のないキラキラするもの使おうかな~なんて思って。

でも、Yのこの端的で鋭いフィードバックは、このちょっとした気の迷い?を戻すのに絶大な効果がありました。

「小柳ルミコ風」っていう一言は、メイクが微妙に古くてやばいということを端的に表わしていて、ほかに説明がいりません。
(すみません、決して、小柳さんが悪いわけではありません。80年代のメイクに代表されるようなやぼったいメイクのことを言ってます。)

しかし、自分で気づかないこんな衝撃的?な事実は、かなり親しい気心の知れた友人以外は、誰も正直には口に出してはくれません。
言われると一瞬ムっとしますが、すぐにあっさり受け入れるのは、そのアドバイスが貴重なことを知っているため。むむっ


そして昨夜は幾つかの打合せの関係で、重い資料を入れたバッグを抱え、
お堅い感じのいかにもキャリア風のBOSSのスーツを着ていた私は、本当は時間があれば家に戻って着替えたかったのですが、仕方なくそのスーツのままでダイーサに登場。しくしく

しかしながら、お店で会うなり友人Yから、“ふみちゃん、そのスーツ、すっごくセクシー!”とおほめの言葉を頂く。

意外に思った私は、“本当?このスーツ堅苦しくて嫌でしょうがないんだけど....”とややとまどいながら返答を返す。

“そんなことないよ、絶対にセクシー、特にこのネックレスも効いている、いいわぁ、これ私も欲しい”とさっと手を伸ばしてYは私のネックレスを触る。
彼女はちなみになんでも触る。触らないと実感がわかないらしい。

自分では堅苦しいと思っていても、他人からセクシーに見えるって不思議な気分。

でもこういうコメントがあるから、お店で洋服を試着して鏡に映った自分の姿を見たときに、ふと「女性友人たちがどう思うかな?」という思いがよぎる。
案外男性以上に、女性友人の目を意識しているかもしれない。

話しは横道にそれてしまいましたが、
会話は、こんな風にスタートして、近況の話し、仕事の話し、旅行の話し、夫婦の話し、食べ物の話し、美術館の話しなど、どんどん広がり続いていく。
女性同士の会話ってだから面白い。オッケー

そして、もっともこの夜、盛り上がったのは、先日私たち3人が観てもらった「占い」の話しである。
3人とも同じ占い師に観てもらったのだけれど、友人Rは結婚相手について予言を受けたのこと。
彼女は一度結婚したことがあるから、予言の相手は再婚相手となる。

なんと占い師の予言では、友人YがRに相手を紹介することになっていて、
しかも6月に相手とは出会いがあると言われたらしい。

そこで食事の後半は、Yの男性友人の中で誰をRに紹介するかで、女3人、俄然かしましくなってしまった。
なんだかお手盛りだが、最終的に二人候補者があがった中から、Rに紹介する相手が一人に絞られた。

どうなることやら!







レストラン、ショップ : 07:34 : comments (x) : trackback (x)
ワインとお寿司 経堂寿矢

最近、火曜日になると経堂のすし屋"寿矢"に行きたくなってしまう。
なぜ火曜日か?

板前の長谷川さんと2階店長の土屋さんがいる日なので、とにかく食事とワインが楽しい。
友人を連れて行くと、皆、必ず感動する。
先日誘った友人も、「正直、白金からちょっと遠くて、、、と思ったんだけれど、ここはすごい!絶対にまたきます」とはしゃいでいた。

やっぱり、感動のあるサービスを提供してくれる店に人は集まる。

すし屋なんだけれど、ワインが沢山ある。
長谷川さんも土屋さんもワインが好きで、毎週どこかの試飲会に出かけていくらしい。
そして、試飲して美味しかったワインを仕入れてお店で出してくれる。
その辺りのワインバーよりも、ずっと選びがいい。オッケー



選んだワインに合わせて、旬の食材をおつまみで出してくれる。
こんな風に「筍」とか。
そして食べているものにあわせてワインを薦めてくれたりする。ハート


私は昆布〆が好きなので、この日もやはり頂く。
幸せを感じる一瞬ねこ




寿矢で好きになったイタリア・プーりアの白ワイン
イェレーナ ツルリとしたのど越し、豊かな果実味、洋ナシのような匂いもあり、わずかな酸味 一度飲んだら忘れない味


フレンチマスダートとオリーブオイルのソース
これだと赤ワインでもいけちゃう。


エラスリスのサンジョベーゼ


ちょっとスパイシーですみれっぽくて複雑な香り。お気に入りの一品。


お料理×ワインで、こんなに幸せをくれるお店に心から感謝したい。


レストラン、ショップ : 11:45 : comments (x) : trackback (x)
ソウルの精進料理 パルコンヤン

初めて、ソウルに行きました!にこっ
とっても近い国なのに、いやそれだからこそ、今まで旅行したことがなかったのかもしれない。

安い!、旨い!、近い(楽ラク)!の3つが揃うと、旅は俄然ノリが良くなり盛り上がる。
なのでソウルには、また行くことになるでしょう!

さてその「旨い!」の中でも、特に印象に残ったのは、精進料理の「パルコンヤン(鉢盂供養)」
英語では、Balwoo Gongyangと表記されています。
インサドンにあるテンプルステイビルの5階にあります。

予約を取るのがわりと難しいと聞いていたので、日本から事前に電話で予約を入れておきました。オッケー
ソウルではそういうお店、珍しいらしい。東京だと1ヶ月前でも取れないお店ありますが。

パルコンヤンは、曹渓寺(チョゲサ)というお寺が経営するレストラン
お寺の精進料理を、現代風にアレンジして食べさせてくれます。

パル(鉢盃)は、僧侶がお寺で使う黒塗りの漆塗りの食器のことで、
日本のお寺でも、応量器(おうりょうき)や持鉢(じはつ)、鉢盂(はつう)と、
同じような器を使っている。

ちなみにパルコンヤン(鉢盂供養)とは、
人々が同じ場所に集まって、同じ料理を自分の椀で自分に必要な分だけ食べる、修行の一つだそうです。

パルコンヤンのお料理は、
美味しくて、見た目にもとても綺麗で、一つひとつ丁寧に創られていて
身体に優しそうというのが特徴。

精進料理は美味しくなくて、、と感じる人も、
ここのお料理を食べたらすごく驚くのではないかと思います。

ちなみに精進料理があまり好きでない家の旦那さんも、
パルコンヤンのコースには、何度も「おいしいねぇ~フミちゃん」と感動していました。

まずは、紙のおしぼりが出てきますが、
上から目の前で水をかけてくれるパフォーマンス付き。


ツルニンジンの根と新鮮な野菜のサラダにゴマドレッシング

お店で使う食材はオーガニックのものが殆どだそう。

確かサツマイモのお粥

ほんのり甘くて、軽い。ちょっとデザートっぽい感じがしました。
ツルニンジンのサラダとお酢を使ったお漬物と3つ一緒に出されます。


三色焼き(ジョン:チヂミ)

左から緑豆の焼き、黒ゴマの焼き、コチジャンと野菜の焼き
どれを食べてもサクっと軽、ほんのり素材の香りを楽しめます。
コチジャンもまったく辛くありません。
ピリ辛の醤油だれをつけて食べるとちょうどいい感じ。

韓国のお寺の精進料理では、肉、魚介、乳製品は避けるし、
ネギ、にんにく、ヒメニラ、ニラ、つるぼ(蔓穂、サンダイグサ)のオシンチェ(五辛菜)は
人間の体に熱気を与えて興奮させる作用があるので、修行の妨げになるので使わないそう。


マツタケのお寿司、お寺式蒸し餃子、蒸し豆腐

マツタケのシーズンのせいか、コースはマツタケが割と多い。
皮がふっくらと柔らかいアツアツの餃子は、中に色々な野菜が入っていて、
プツプツした食感があって美味しい。

マツタケとぎんなん

焼いたマツタケを、ごま油に塩と何かのシーズニングを加えたものにつけて食べます。
焼いたマツタケと、塩味の効いた風味のあるごま油の相性がとってもいい!オッケー

韓国料理には、
ユクミ(六味)という6つの基本的な味、辛・渋・酸・甘・苦・塩と
6つの色、青・黄・赤・黒・白・紫が必要で、
精精進料理にも同じことがいえるそう。

日本の精進料理だと「五味五色」となるけれど、
韓国だと「渋」と「紫」が加わっている。
苦味と渋味を分けてる点が違いなのかな。


きのこの炒め

これも美味しい。きのこは外側はカリカリしていて、中は柔らかい。
食べるとコリコリ音がする不思議な食感。
ニンジンの形が可愛らしい。


高麗ニンジンと長いもを使ったシェフ特選料理

中心に置いてある柚子ソースが絶品。長いもの淡白で軽い食感に甘い柚子ソースが合う。
香りの良いお芋を食べている感じ。
高麗ニンジンは、苦いのでハチミツをつけますが、お味はちょっと、、、。
家の旦那さんと、大きい方をどちらが取るかでもめましたが。


蓮の花とレンコンの三色ご飯詰めと精進プルゴギ

精進プルゴギは、大豆で作ったお肉を、にんにくの葉で巻きます。
ちなみにお肉は本物の牛肉と味・食感ともにソックリで、言われなければ気づかないと思います。
茹でたニンニクの葉にお肉を置き、その上にカリカリのニンニクや薬味を置いて、きつめに巻いて食べると本当に美味しい。
ニンニクの葉っぱ、日本のお店でも扱って欲しい。
お肉との相性は抜群だと思う。


蓮の花を使って、とっても綺麗な盛り付けなのがビックリ。
色が綺麗でしばらく眺めてしまいました。


このご飯、マツタケと一緒に食べると美味


どんぐりのクレープ ナムル巻き



季節の汁物

私はこの頃にはお腹が結構一杯になってきたので、
汁物はほんの少しだけ頂いて、残りは旦那さんに。


7種類のおかず

錦繍庵キムチ、漬物3種類(海苔、舞茸の醤油煮、豆腐味噌)、
ナムル3種類(豆もやし、ごぼう、山菜)で最後のご飯を頂きます。
どこでもこんな感じのおかずが出ましたが、私はこの7種類のおかず、気に入りました。

特にベージュっぽい色したのが、豆腐味噌ですが、これが絶品。
豆腐の味噌漬けだと思います。


蓮の葉の包みご飯/ヨンイプバプ

栗、ぎんなん、ナツメ、黒ゴマ、松の実ともち米
アツアツの蓮の葉を開くと、モチモチしたご飯が湯気をたてて登場
ふんだんに入った大きめの具材のムキュっとした食感と香ばしさが美味しい。


デザート


チュジョンブリ
上にある、乾燥させて凝縮したオレンジとりんごがパリパリして甘くて香りも良くて結構美味しい

韓国では好きなときにつまむおやつだそう。他にじゃがいも、れんこん、さつまいも、海苔が入っている。


羊羹は甘みが抑えてあってサッパリと食べれる感じ


食後の冷たくて甘いお茶/シッケ
ソウルでは食後に必ずこのお茶を出してくれるお店が多い
消化に良いそうです


シッケは、日本の甘酒にちょっと似ている。
炊いた米やもち米を麦芽を溶かした水と一緒に醗酵させているものらしい。
ほんのり甘くて、あっさりしてる

お料理の献立を作っている尼のデアンさん(お店の支配人でもある)
25年前に出家した智異山(チリサン)のお寺の住職さんで、
精進料理研究家として料理の本も出しているそう。


アメリカやイギリス、デンマークからお店を出さないかというお誘いもあるらしい。

ちなみに、コースの内容は、昼も夜も同じだそうです。
料金は15品目のコースで、大体3800円(0.073円換算)くらいでした。
次回はボリュームを抑えて10品目のコースでも良いかなぁ、、。

東京にも、韓国の摘み草料理とか精進料理の美味しいお店がありますが、
パルコンヤンのようなお店はありませんね。
ソウルで食事を楽しむならば、お奨めです。

パルコンヤン
鍾路区堅志洞71テンプルステイビル5階 ℡02-2031-2081

次回のソウルは、エステにも行ってみよう、、、かしら


レストラン、ショップ : 12:27 : comments (x) : trackback (x)
ラ・ボンバンス

和食のお店、ラボンバンスの情報をアップしています。
興味のある方はクリックして→お奨め情報


レストラン、ショップ : 14:47 : comments (x) : trackback (x)
プライベートを楽しめるイタリアン

東麻布にあるイケメン・シェフのイタリアンレストラン、「クッチーナ・ジャンニ」で食事をした。
興味のある方は、「ここ」をクリックして。


レストラン、ショップ : 14:26 : comments (x) : trackback (x)
オー・ギャマン・ド・トキオ あっさりフレンチ

月曜日、白金のオーギャマン・ド・トキオへ行ってきました。

あっさりフレンチが好きな方は、下記のお薦めブログをクリックして。
http://my.coaching-lab.com/


レストラン、ショップ : 19:56 : comments (x) : trackback (x)
美味しいイタリアン

最近、美味しいイタリア料理の店を発見オッケー

興味のある人は、クリックして、
お薦めのブログへ飛んでくださいませ。


レストラン、ショップ : 10:22 : comments (x) : trackback (x)
シチリア料理 コルレオーネ

かなり美味しい「シチリア料理」のお店、コルレオーネを発見。

興味のある方、私のお薦めのブログを開いてみてください。





レストラン、ショップ : 12:39 : comments (x) : trackback (x)
六本木 ラ・シュエットにてワインを堪能

六本木のラシュエットの紹介です。
ナパでラ・シュエットに行きましたので、六本木のお店に来れて本当に嬉しかった。

2階にテーブル席はありますが、ソムリエの方といつでも話しができるカウンター席に座ります。
3人で行きましたのでコーナーを挟んで座りました。


この情報、詳しくお知りになりたい方は、「お薦め情報」を開いてくださいハート



レストラン、ショップ : 17:52 : comments (x) : trackback (x)
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<  2018 - 08  >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
ALL ENTRY LIST
ARCHIVES
LINKS
SEARCH BOX